愛知県 一宮市の動物病院 ふるはし動物病院 | 犬と猫の骨折の治療

骨折の治療

当院では、骨折、脱臼を中心とした整形外科疾患が多く来院します。以前は交通事故による骨折が多く、全身の多発骨折が見られました。最近は室内飼育が多く、特にトイプードル、ポメラニアン、チワワ、パピヨンなどの小型犬の前肢骨折の症例が多いと思います。
骨折の治療は骨を整復し元どおりの動きができるようにするのが目的です。
骨は生体内で唯一もとの形に復元できる組織のため、骨がきれいに癒合できれば問題なく回復できます。
当院では小型犬、猫、ウサギ、フェレット、小鳥からゴールデンリトリバー、ピレーニーズまでの骨折に対応した器具と技術を持っており数多くのペットの骨折治療を行っています。
T字プレートにて整復固定
T字プレートにて整復固定
ストレートプレートで整復固定
ストレートプレートで整復固定
プレートの器具(小型犬用)
プレートの器具(小型犬用)


プレート法

骨折部位を整復し、プレートとネジで固定します。体のどの部位の骨折でも対応でき、固定力も強く生体癒合性も問題ありません。欠点は大きな傷ができ筋肉や神経に一時的なダメージを与える場合があります。また骨が癒合するまでに時間がかかる場合があります。しかし骨の安定性が良く術後早期から歩行が回復するため当院ではプレート法による整復を行っています。

【症例1】

(1)両手の前肢(撓尺骨骨折)(1)両手の前肢(撓尺骨骨折)キャプション:両手の前肢(撓尺骨骨折)
(2)プレートにて整復固定(2)プレートにて整復固定キャプション:プレートにて整復固定

【症例2】

(3)猫の大腿骨近位端端粉砕骨折(3)猫の大腿骨近位端端粉砕骨折
(4)ピンとプレートにて固定(4)ピンとプレートにて固定

創外固定

創外固定はプレート法と違って、骨折部位を直接触らずピンを外側から刺入してバーで固定する方法です。最近骨折治療で注目されてきました。傷を作らないため骨の癒合が速いことが特徴ですが、骨折部位の周囲に金属バーが出るため管理が大変なことが欠点です。

【症例1】

(1)猫の脛骨骨折(1)猫の脛骨骨折キャプション:猫の脛骨骨折
(2)創外固定で整復(2)創外固定で整復キャプション:創外固定で整復
(3)骨の癒合(ピンを抜いた状態)(3)骨の癒合(ピンを抜いた状態)キャプション:骨の癒合(ピンを抜いた状態)
(4)創外固定器具を除去(4)創外固定器具を除去キャプション:創外固定器具を除去


ピンによる固定

若い犬猫では関節に近い部位での分離骨折が見られます。関節に近いためうまく固定できないとびっこが後遺症として残るため正確な整復が必要になります。固定したピンは癒合したら摘出する必要があります。

【症例1】

(1)大腿骨遠位端骨折(1)大腿骨遠位端骨折キャプション:大腿骨遠位端骨
(2)ピンにて固定(側面)(2)ピンにて固定(側面)キャプション:ピンにて固定(側面)
(3)ピンにて固定(正面)(3)ピンにて固定(正面)キャプション:ピンにて固定(正面)
(4)ピンを抜いて癒合(4)ピンを抜いて癒合キャプション:ピンを抜いて癒合

【症例2】

(5)猫の骨盤仙腸骨関節脱臼(1)大腿骨遠位端骨折キャプション:大腿骨遠位端骨
(6)ネジとピンにて固定整復(2)ピンにて固定(側面)キャプション:ピンにて固定(側面)



COPYRIGHT(C)2012 FURUHASHI ANIMAL HOSPITAL