愛知県 一宮市の動物病院 ふるはし動物病院 | 犬や猫の椎間板ヘルニアの治療

椎間板ヘルニア

犬の椎間板ヘルニアは、ミニチュアダックスで発症率が高く、次いでビーグル、シーズーで見られ柴犬やチワワではまれです。脊椎の椎体と椎体の間を椎間板と呼び、その中に髄核と言われるゼリー状の物質が入っています。その髄核が脊髄の通っている脊椎管に飛び出し脊髄を圧迫することにより神経麻痺がおこります。
腰椎から針を刺入して脊髄造影検査を全身麻酔下で行っている
腰椎から針を刺入して脊髄造影検査を
全身麻酔下で行っている
椎間板ヘルニアの手術
椎間板ヘルニアの手術


病気の分類

後肢麻痺のミニチュアダックス
後肢麻痺のミニチュアダックス

タイプⅠ型

脊椎管内に大量の髄核が飛び出るタイプで、症状も急性で麻痺も強い場合が多く、ミニチュアダックスで多く見られます。

タイプⅡ型

髄核が盛り上がり脊髄を圧迫するタイプで、髄核は脊髄管内には脱出はしていないため圧迫はタイプⅠ型に比べ軽度なため麻痺もゆっくり進行します。


症状

頚部にヘルニアが見られた場合は、頚部痛があり頭を上げたり、首を動かすと痛みがあり悲鳴を上げます。また前肢にビッコが見られたり挙上します。重症の場合は自力で起立できなくなります。腰部にヘルニアが見られた場合は、腰部の疼痛や後肢の麻痺で排尿や排便困難になります。症状は麻痺の程度により5段階に分類できます。
グレード1:
歩行は正常だが頚部や腰部に痛みが見られる
グレード2:
足を引きずり足の感覚に異常が見られる。歩行はふらついている
グレード3:
歩行ができなく麻痺が見られる。排尿は自力で可能
グレード4:
麻痺のため歩行は不可能のであり、さらに自力排尿ができない
グレード5:
もっと重度の麻痺で足を強くつねっても感覚がなく、自力排尿も不可能である

診断

1.神経学的検査

神経学的検査でグレードを分類します獣医神経病研究会の指針に従った検査を行いグレード分類します。

2.単純X線検査

第12-13胸椎間の右側に圧迫像が確認できます椎体の形態異常がないかを確認します。この検査で椎間板ヘルニアを診断できるのは20%程度です。

3.脊髄造影検査

第12-13胸椎間に造影剤の流れが悪く病変の位置が確認できます全身麻酔下で腰部より針を刺して造影剤を脊髄に流して病変部位を確認します。診断率は85%ですが、まれに診断困難な場合があります。

4.CT、MRI検査

CT、MRI検査ヒトにおいては一般的な検査ですが、ペットでは全身麻酔が必要です。診断率が高く脊髄病変の広がりやヘルニアの形態も確認できます。


治療

グレード1・2はステロイドホルモン、消炎鎮痛剤、ビタミン剤と絶対安静による保存療法で80%の症例は回復します。しかし再発率が40%あり、再発した場合はさらに悪化していることが多いです。グレード3は1週間以上症状が保存療法で改善しなければ外科手術が必要になります。グレード4・5は保存療法では改善しないため早期に外科手術を行います。外科手術法は、椎体の骨をドリルで削り、脱出しているヘルニア物質を摘出し、さらに腫れた脊髄の圧迫を減少させるために穴を拡大します。術後は1週間前後の入院と1~2カ月のリハビリが必要となります。
椎間板ヘルニアの手術
椎間板ヘルニアの手術
椎骨を削り脊髄を露出してヘルニアを摘出した状態
椎骨を削り脊髄を露出してヘルニアを摘出した状態


治療成績

グレード1~2は保存療法を選択されるため数週間で改善が見られます。グレード3では手術により70~80%が回復します。グレード4では60~70%が回復しますが足の麻痺が残る場合があります。グレード5では回復率は50%以下ですが時間はかかりますが歩行が可能になる場合もあります。いずれにしても長期間のリハビリが重要であり術後1週間ぐらいから積極的なリハビリを開始します。


COPYRIGHT(C)2012 FURUHASHI ANIMAL HOSPITAL