愛知県 一宮市の動物病院 ふるはし動物病院 | 犬と猫の関節疾患の治療

犬の膝蓋骨脱臼

膝蓋骨脱臼は小型犬で頻繁に見られ、特にポメラニアン、チワワ、トイプードル、パピヨンなどでは外傷を伴わない先天的な膝蓋骨内方脱臼(膝のおさらが内側に脱臼)が見られます。20~25%が両側に脱臼しています。症状は患肢の挙上や屈曲、負重をかけない、スキップ走行などで、症状は脱臼の程度と膝関節の変形により分類されます。

膝を切開した状態
膝を切開した状態
膝の溝が浅いため深く削った状態
膝の溝が浅いため深く削った状態

症状

第1度 ときどき患肢を浮かせるが、膝蓋骨は容易に手で整復できる。痛みもなく歩行は正常である。やや足先がやや内側を向いている 第2度 もっとよく見られる。患肢は浮かせていて膝関節をわずかに屈曲させて軽く負重している。膝蓋骨は容易に脱臼し整復しても再び脱臼する。足先は内方を向いておりレントゲンを撮ると脛骨は内側に変位している。関節に炎症を起こしていることもあるため痛みを伴うこともある。 第3度 膝蓋骨は永久的に脱臼したままで手での整復が困難である。膝関節は半分屈曲させた姿勢で患肢は挙上していることが多いため大腿の筋肉が健康な足よりも萎縮している。レントゲン検査では脛骨は内方に変位し、膝蓋骨の溝は平坦化している。 第4度 第3度より重度で患肢は浮かせたまま膝関節は屈曲させて、うずくまった姿勢で移動する。レントゲン検査では大腿骨、脛骨が重度に変形している。膝を伸ばすことが困難である。

治療

治療は第1度であれば、日常生活は問題がないためジャンプや二足歩行を禁止し、痛みや違和感があれば関節軟骨保護剤や鎮痛剤を処方して経過を観察します。第2度では鎮痛剤や関節軟骨保護剤を投与しても改善が見られなければ手術を行います。第3度、4度は内科療法では改善が見られないため外科的な整復が必要になります。

手術法

(1) 滑車溝(膝蓋骨が滑る溝)を深く削ることで脱臼を安定化する (2) 2膝蓋骨の周りの筋肉を整えて、膝蓋骨が内側に変位しないように固定する (3) 脛骨の変位が著しい場合は骨切りをして角度を矯正する 第2度~3度は手術の(1)・(2)で行い、第4度の場合は(1)+(2)+(3)の手術を行う。術後は10日間のギブスを装着して、その後はリハビリテーションを継続的に1~2ヶ月間行いながら治療します。

前十字靱帯断裂

前十字靱帯断裂は犬においては最も多い靱帯損傷で、5歳以上の犬で発症率が高く、特にトイ犬種では膝蓋骨の脱臼との併発が比較的多く認められます。原因は膝関節の変形性関節症と呼ばれる靭帯の強度が低下し、膝関節に過剰な外力が加わった結果、靭帯が損傷します。最近では前十字靱帯の部分断裂の症例が増えており特に後肢が真っ直ぐなトイプードルや大型犬で多く認められます。また、半月板損傷(特に内側半月)を伴う場合が多く内側半月が避けて痛みを伴いびっこが継続します。

症状

患肢に痛みを伴うため足を挙上して使わなくなります。慢性化すると負重は可能になりますが十分な体重をかけることができなく足の筋肉が徐々に萎縮して細くなります。診断は触診が重要で膝の安定性を調べるには「ドロワーテスト」と「脛骨圧迫テスト」の両方を行い陽性であれば前十字靱帯断裂と診断できます。但し痛みを伴うことがあるため全身麻酔で検査をする場合もあります。膝のレントゲン検査では関節の腫張がみられさらに脛骨の前方への変位や慢性経過では骨に棘が観察されます。部分断裂は、若い(6~24カ月齢)の大型犬で軽度のびっこで来院します。触診やレントゲン検査では明らかな異常が見られなく鎮痛剤などで症状が改善されますがしばらくするとびっこが見られます。診断は困難な場合、関節鏡やMRI、CT検査、試験的関節切開を行うこともあります。

治療

治療法としては、ギブス固定による保存的な治療法と外科的な治療があります。体重の軽い小型犬の場合4~8週間の運動制限で機能回復される場合もありますが。中型犬以上での犬や、痛みの強い場合は外科的治療が勧められます。外科的治療法には多くの方法がありますが、最適な手術法については外科医の中でいまだ意見が分かれています。手術の目的は膝関節の安定化と断裂した前十字靱帯を完全に除去することです。当院では関節嚢外固定法を行っています。この方法は関節内を切開して前十字靱帯を除去した後、膝関節周囲を縫合糸にて固定します。術後は10日間ほどギブスを行い、その後はリハビリテーションにて関節を動かし関節周囲の組織が安定するように努めます。ほとんどの症例は術後2カ月ぐらいで十分な歩行が可能です。

(1)関節内の前十字靱帯の断裂関節内の前十字靱帯の断裂
(2)専用の縫合糸にて関節固定専用の縫合糸にて関節固定
(3)関節固定した状態関節固定した状態
(4)術後のギブス固定術後のギブス固定


COPYRIGHT(C)2012 FURUHASHI ANIMAL HOSPITAL