愛知県 一宮市の動物病院 ふるはし動物病院 | 採食困難なペットの治療

採取困難の治療

何らかの病気で長期間食餌を取れないと、多くのペットが栄養不良になり体重が減少し、免疫力も低下し感染症などの重大な合併症を起こします。
以前はフードを強制給餌していましたが、猫の中には食餌に対して嫌悪感をいだき食餌を嫌ってしまうことがあります。
当院ではこのような場合、胃チューブの設置を積極的に行っています。
胃チューブとは、内視鏡を利用して胃に小さな穴をあけて栄養チューブを挿入して、そのチューブを脇腹に固定しそこから食餌を給餌します。
ヒトでは高齢の方で自力採食のできない場合に胃チューブを設置して栄養支持を行います。
この胃チューブは長期間の設置が可能で病気のペットの栄養管理が可能で、さらに薬剤の投与も簡単です。
欠点としては設置に全身麻酔が必要です。
また不運にもチューブが胃から脱落すると致死的な腹膜炎を起こすことがありますが、非常にまれです。
当院での胃チューブは主に猫が多く、腫瘍疾患、肝疾患、口内炎、顔面骨折、巨大食道症など採食困難な疾患や栄養供給が病気を改善する場合に胃チューブを設置します。
ペットオーナー様には十分な説明を行い、チューブの管理の仕方や食餌の投与法などをトレーニングしていただき在宅でのペットのケアを行っていただきます。
チューブと皮膚の状態
チューブと皮膚の状態
胃チューブを設置した猫ちゃん
胃チューブを設置した猫ちゃん
胃チューブ専用のオーダーメイドの洋服
胃チューブ専用の
オーダーメイドの洋服



COPYRIGHT(C)2012 FURUHASHI ANIMAL HOSPITAL