突然腰が抜けたらどうしょう? 愛知県 一宮市の動物病院 ふるはし動物病院 | 経歴・学会発表

経歴・学会発表

突然腰が抜けたらどうしょう?


「今朝まで元気に歩いていたワンちゃんが突然歩けなくなり、後ろ足を引きずっている」という理由で当院に来られた患者さんは、診察台の上で後ろ足を投げ出し、足を触っても感覚がありません。これらはミニチュアダックスで多く見られる椎間板ヘルニアです。最近ミニチュアダックスの飼育頭数が増えたことでこの病気が増加しました。
今回はこの病気についての解説をしたいと思います。

椎間板ヘルニアはどんな病気?
 小動物神経外科領域では犬の椎間板逸脱、突出症/椎間板疾患とよばれ、発生頻度は高く、ミニチュアダックスフンドがもっと多く、次いでビーグル、シーズーで柴犬やチワワは少ないです。脊椎の椎体と椎体の間を椎間板と呼び、その中に髄核と言われるゼリー状の物質が入っています。その髄核が脊髄の入っている脊椎管に飛び出し脊髄を圧迫したことにより神経麻痺がおこります(図1)。急に起こり脊椎管内に大量の髄核が出るタイプは症状も急性で麻痺も強く自力で尿が出ないこともあり、ミニチュアダックスフンドでは多く見られます(タイプ1型)。また麻痺も軽度で症状の進行も慢性で、髄核が軽く脊髄を圧迫する場合は、シーズーでみられるタイプです(タイプ2型)。

どんな症状ですか?
 ヘルニアが発生する場所により症状が違います。頚部にヘルニアが見られた場合は、頚部痛があり、頭を触ったり、首を上げる時に悲鳴を上げます。また前足を挙上したりビッコが見られます。重症の場合は自力で起き上がることができなくなります。腰部にヘルニアが見られた場合は、腰部の疼痛や後肢の麻痺で、尾が振れなくなり排尿や排便が困難になります。階段や段差が登れなくなり、抱っこすると泣くとか、元気がなく体を震わせていることがあるなど痛みやしびれなどの症状があり、突然後肢の麻痺が発症します。

診断方法はどうするの?
 診断方法で最も重要なのが、神経学的検査です。獣医神経病研究会より出ている神経病検査シートに基づいて足をつねったり、叩いたりして神経の反射や筋肉の異常を観察します。椎間板ヘルニアは病気の進行状況と神経学的検査で5段階に分かれます。
第1段階:歩行は正常だが、頚部、腰部に痛みがある
第2段階:足を引きずり足の感覚に異常がある。ただし歩行は可能である
第3段階:神経学的に麻痺が見られ歩行はできないが、排尿は可能である
第4段階:歩行は不可能で排尿、排便が自力でできない
第5段階:歩行は不可能で足を強くつねっても感覚がありません。排便排尿もできません。

以上の5段階に分類してさらに診断をすすめます。

① 単純レントゲン検査:脊椎のレントゲン検査を行います。脱臼や骨折がないか、椎体の形態に異常がないかをチェックします。この検査で椎間板ヘルニアが診断できるのは20%ぐらいです。

② 脊髄造影検査:全身麻酔をかけて、腰部から針を刺して造影剤を脊髄に流し病変部位を診断します。この検査で椎間板ヘルニアの診断は85%で可能ですが、まれに診断が困難な場合があります。

③ CT、MRI検査:ヒトでは一般的な検査ですが、獣医学でも最近は多く行われています。全身麻酔が必要ですが、ヘルニアの状態が明瞭に判り、病変の広がりも観察できます。

※ 当院では、一般的には脊髄造影検査で診断をして外科手術を行いますが、脊髄造影検査で病変部が不明な場合や、椎間板ヘルニアではなく、他の病気の可能性がある場合はCTやMRI検査を勧めています。

どんな治療をするのか?
 第1段階と第2段階は絶対安静と鎮痛剤やビタミン剤の投与を行います。麻痺もなく歩行が可能ですが、動き回るとヘルニアがさらに悪化し症状が進行するためケージなどで最低2週間の運動制限が必要です。第3段階では、安静や薬物療法を行っても改善が見られなければ外科手術を行います。第4、第5段階は脊髄の損傷がひどいことから外科手術の適応になります。
 外科手術は、病変部位の脊椎の骨を削り脊髄を圧迫している髄核を摘出し、さらに腫れて炎症を起こしている脊髄の圧迫を取るために脊椎の削った穴を拡大します。直径5mmの穴をあけ4~5mmの脊髄から耳かきぐらいの髄核を摘出するのは難易度の高い手術になります。

治療成績はどうか?
 第1・2段階では80%が回復しますが、再発率は40%程度ありその場合症状は悪化している場合が多いです。第3段階は外科手術により70~80%が回復します。第4段階は外科手術により60~70%が回復しますが、足の麻痺が残る場合もあります。第5段階は残念ながら回復率は50%以下で、もし良くなっても完全に回復できない場合もあります。

一覧に戻る



COPYRIGHT(C)2012 FURUHASHI ANIMAL HOSPITAL