一宮市の動物病院 ふるはし動物病院 | スタッフブログ

スタッフブログ

2012-12-26

矢澤獣医師退職


2年反勤務していた矢澤孝通獣医師が11月に退職しました。12月からあま市で動物病院を開業します。当院で得た技術と経験で頑張って欲しいです。

2012-07-21

服部亜祐美看護士退職


6月30日に6年間勤務した服部亜祐美看護士が退職しました。いつも笑顔で、ペットの看護や患者様の対応などしっかりした仕事をしてきました。退職は残念ですが新しい仕事で頑張ってください。

2012-04-03

東日本大震災


3月11日におきた東日本大震災は多くの方が亡くなり家屋の損壊も広範囲におよび想像を絶する被害を出しました。私の大学の友人が仙台におり心配しておりましたが幸い無事で何よりでした。しかし、学生時代ゼミで訪れた三陸の水産学部は地震で大きな被害でさらに大船渡や宮古もあのきれいな海岸線の街並みは見る姿がなく悲しい気分になります。僕らが何ができるか考えても義援金を出すことしかなく、何度が義援金を送り、おむつや缶詰などの支援物資も送らせていただきました。またペットオーナー様より多くの義援金をいただきそれも送らせていただき多くの支援をしたいと思います。東北の方々が復興するよう願う今日この頃です。

2012-04-03

ペットの身体ケアにサプリメントはいかが?


サプリメントとは「栄養補助食品」の意味で、食事だけでは十分摂取することのできない栄養を補うことを目的としています。最近では「より健康になる」ために摂取する人が多くなっています。以前はドックフードだけで十分でしたが、ペットも人同様に肥満、心臓病、悪性腫瘍、糖尿病、関節疾患などの病気が多くなったため、治療のための薬以外にサプリメントを投与する機会が多くなりました。そこで今回は、市民ランナーである私が日頃健康のため摂取しているサプリメントについて考えてみたいと思います。

1.ビッコが治った! コンドロイチンはすごい
 コンドロイチンは関節液や関節軟骨、椎間板に多く含まれている物質で食物繊維の仲間です。体内でコラーゲンと共に組織の保水性や弾力性を与え関節障害の保護の働きがあります。大型犬の股関節形成不全、小型犬の膝蓋骨脱臼、外傷性靭帯損傷、関節骨折、椎間板ヘルニアなど当院の整形外科の疾患では必ず投与しています。特に関節疾患では痛みを伴うビッコが多いため、鎮痛剤との併用で効果が出ています。食品としては納豆、山芋、オクラ、なめこ、海藻などねばねばしたものに少量含まれています。

2.万能なサプリメント?今はやりのコエンザイムQ10、何でも効いてしまう?
 コエンザイムQ10は、体内で合成される脂溶性ビタミン様物質です。細胞膜を酸化から保護して酸素の利用効果を高めます。また免疫細胞や白血球の作用を高める働きもあります。医薬品として虚血性心疾患や脳障害の治療に使われていました。虚弱体質のペット、心疾患や脳疾患を患っているペットには効果が期待できます。まだ研究段階で効能についてもはっきりわからない部分もあります。現在ペットではこのサプリメントはまだありませんが、レバー、もつ、牛肉、豚肉、かつお、マグロなどに含まれています。

3.アトピー性皮膚炎の痒みにはオメガ脂肪酸がおすすめ
 オメガ脂肪酸は、エイコサペンタエン酸(EPA)、ドコサペンタエン酸(DPA)、ドコサヘキサエン酸(DHA)などの総称です。アレルギーによって起こる炎症を抑える作用があるため痒みを軽減できます。しかしステロイドホルモンほど効果がないためこのサプリメントのみでは完全に痒みのコントロールができません。人ではコレステロールを減少させる効果が認められています。当院ではアレルギー疾患のペットにはこのサプリメントをおすすめしています。最近ではドックフードの中にも含まれているものもあります。食事としてはニシン、さば、鮭の筋肉やタラの肝臓に多く含まれています。

4.アガリスクでガンが消えた?
 広告でこんなタイトルのコマーシャルをしているのをたまに見かけますが、はたしてどうでしょうか?我々がガンの治療をする上で最初に行うには、ガン病巣を摘出することです。その後で再発予防のため抗がん剤を投与したり放射線を照射したりして見えないガン細胞をやっつけます。アガリスクはきのこからの抽出成分で免疫増強作用があります。ガンは免疫力を低下させる事がわかっていますから、免疫力を増強する事でガン細胞の増殖を抑制するのです。アガリスクの投与のみでガンが縮小した状態はあまり見た事はありません。あくまでもガン治療のサポートで決してメインではないのです。しかしなぜかアガリスクは値段が高いですね。もしかしたら抗がん剤より高価な場合もあります。

5.ビタミン剤はサプリメントの王道
 マルチビタミンは、薬局のサプリメントコーナーではいろいろ出ています。ペットにおいてもビタミン群、ビタミンCは身体に大切なものです。水溶性であるため大量に摂取してもすぐに尿に排泄されてしまうため特に副作用もありません。エネルギーの代謝を調節する働きがあるため疲労回復、体力増進効果があります。

[1] << Back 21 22



COPYRIGHT(C)2012 FURUHASHI ANIMAL HOSPITAL