一宮市の動物病院 ふるはし動物病院 | 院長の独り言

院長の独り言

2009-09-16

チャリティマラソン


9月12~13日に神戸でがん患者支援イベントで夜の8時半から朝の8時半まで12時間ランに参加してきました。1周400mのトラックを走り、1周につき10円を寄付するのです。単調ですが、チャリティマラソンなので頑張って206周82.4km走り、2060円をがん患者さんのために寄付してきました。がん患者さんの前向きな気持ちとそれを支えるご家族の愛情に感動し、改めて健康で走れることに感謝しました。多くのボランテアさんが参加され素敵なイベントでした。

2009-08-04

究極のサバイバルレース


8月1日、2日と神戸総合運動公園に24時間マラソンに参加してきました。自己記録更新を目指して意気込んでいましたが、集中豪雨と雷でとても走れる状態ではありませんでした。夜中の12時から大雨で5時間レース中止、朝の5時にレース再開しましたが、7時で大雨のため打ち切りでした。夜中は簡易テントで雨に濡れながら寒さに耐えて、結局14時間30分で94K走破しました。「なんでこんなつらいことしてまで走るのか?」と言われますが「どMだから」と答える自分は変ですかね。


2009-07-31

卒業生


当院を卒業した獣医師の元スタッフからたまに連絡があります。開業して19年目ですが17名の卒業生がいます。開業している人、勤務医として働いてる人、海外に留学する人や、他の職種に転職した人、大学、研究所で勉強している人、子育てに奮闘している人など様々な分野で活躍してます。院長としては大学出たばかりの新人が当院を卒業して社会の第一線で頑張っている姿を見るのはすごく嬉しいです。皆さん卒業してから院長の凄さがわかると思うんですがどうでしょうか?

2009-07-30

整形外科の症例


6~7月は整形外科の症例が多く、1ヶ月で18例の手術をしました。骨折、脱臼、椎間板ヘルニアといろいろな症例が来ましたが、毎日手術していたら、整形の器械が故障してしまい、使いすぎでした。僕は何時間の手術でもイケるに先に器械が壊れるとは?でも元気に歩けるようになったペットが退院していく時は、「いい仕事したなぁ~」と自分を褒めてます。

2009-05-22

鯖街道ウルトラマラソン


5月18日に福井県の小浜市から京都市内まで76キロの山越えのマラソンに参加しました。当日は大雨、強風で、標高880mの山を3つ超えるタフなコースでした。大雨で山道は滑るし、常に向かい風で体力消耗がひどく、途中何度も歩きが入りました。しかし、11時間14分で無事完走。道中、沿道で不思議なぬいぐるみの応援から力をもらいました?

2009-04-06

春は新たなスタート


4月からは、長年病院勤務をしていた獣医師が3名、看護師1名が退職したため、病院業務について、患者様にご迷惑をおかけするかもしれません。私も忙しくなり、今まで以上に頑張らなければいけません。個人的にも人生のリセットができて、よりファィトが湧いてきました。
走力もついて記録も更新してます。年をとつても体は進化してるのかも?

2009-02-23

研究室の同窓会


熊野古道を走った日の夜、大学の研究室時代の恩師の先生が名古屋に来られたので、近隣の先輩方と名古屋駅周辺の居酒屋で同窓会をしました。
 疲れているにもかかわらず、テンション全開ではしゃぎまくってしまいました。
 先生は現在も大学で研究や教育にと忙しく働かれておりエネルギッシュで、学生時代と全く変わっていません。すばらしい~

2009-02-09

熊野古道はすごい!


2月1日に獣医さんのランニング仲間と尾鷲から熊野までの世界遺産の熊野古道38キロを走ってきました。しかし走ることができたのは国道の舗装道路のみで古道はほとんどが石と木の根と苔で9個の山と峠を9時間かけて完走しました。参加者も30名ほどでエイドもなくリックに水と食事をもって行きました。ある意味サバイバルレースでした。初めて制限時間オーバーでのゴールですが古道からみる景色は最高です。写真は走破した悪路の状態です。

2009-01-02

初詣マラソン


元旦にちむけん(獣医さんのマラソンチーム)のメンバー5人で新舞子から野間大坊まで23キロを走りました。途中ハプニングもありましたが、すごく楽しいランニングでした。きっと今年は良い年だと思います。


2009-01-02

盛り上がった忘年会


12月の第2土曜日は毎年恒例の忘年会です。今年は病院Tシャツを全員着用で、なぜか異様な感じでした。しかし、ビンゴゲームやお酒の席の無礼講もあり一番楽しんでいたのは院長かもしれません?
今年は大変な年かもしれませんが、しっかりとした医療を志し、多くのペット達を助けたいと思います。




<< Back 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  Next >> 



COPYRIGHT(C)2012 FURUHASHI ANIMAL HOSPITAL