一宮市の動物病院 ふるはし動物病院 | 院長の独り言

院長の独り言

2009-04-06

春は新たなスタート


4月からは、長年病院勤務をしていた獣医師が3名、看護師1名が退職したため、病院業務について、患者様にご迷惑をおかけするかもしれません。私も忙しくなり、今まで以上に頑張らなければいけません。個人的にも人生のリセットができて、よりファィトが湧いてきました。
走力もついて記録も更新してます。年をとつても体は進化してるのかも?

2009-02-23

研究室の同窓会


熊野古道を走った日の夜、大学の研究室時代の恩師の先生が名古屋に来られたので、近隣の先輩方と名古屋駅周辺の居酒屋で同窓会をしました。
 疲れているにもかかわらず、テンション全開ではしゃぎまくってしまいました。
 先生は現在も大学で研究や教育にと忙しく働かれておりエネルギッシュで、学生時代と全く変わっていません。すばらしい~

2009-02-09

熊野古道はすごい!


2月1日に獣医さんのランニング仲間と尾鷲から熊野までの世界遺産の熊野古道38キロを走ってきました。しかし走ることができたのは国道の舗装道路のみで古道はほとんどが石と木の根と苔で9個の山と峠を9時間かけて完走しました。参加者も30名ほどでエイドもなくリックに水と食事をもって行きました。ある意味サバイバルレースでした。初めて制限時間オーバーでのゴールですが古道からみる景色は最高です。写真は走破した悪路の状態です。

2009-01-02

初詣マラソン


元旦にちむけん(獣医さんのマラソンチーム)のメンバー5人で新舞子から野間大坊まで23キロを走りました。途中ハプニングもありましたが、すごく楽しいランニングでした。きっと今年は良い年だと思います。


2009-01-02

盛り上がった忘年会


12月の第2土曜日は毎年恒例の忘年会です。今年は病院Tシャツを全員着用で、なぜか異様な感じでした。しかし、ビンゴゲームやお酒の席の無礼講もあり一番楽しんでいたのは院長かもしれません?
今年は大変な年かもしれませんが、しっかりとした医療を志し、多くのペット達を助けたいと思います。




2008-12-15

今年も走りました


今年のランニングシーズンも終了しました。10キロ3レース、ハーフマラソン5レース、フルマラソン1レース、70キロマラソン1レース、100キロマラソン1レース、24時間走1レース、24時間リレーマラソン1レースで年間13レース、走行距離509キロ走ったことになります。こんなに走れる自分の体に感謝して、しばらくは体を休めて、来年も頑張りますよ。マラソンばかりしないで仕事は?大丈夫です!しっかり勉強して、この体力でバリバリ手術してます。



2008-12-10

スタッフも走った


11月9日はいびがわマラソンのフルを走りました。高橋尚子選手を身近で見れて大感激。記録は4時間2分と4時間が切れなくて少し残念でした。
11月24日は名古屋シティーマラソンのハーフに参加しました。当院のスタッフも4名も10キロに参加。全員無事完走でした。病院のTシャツを来て名古屋市内を宣伝して走りました。僕はすごく恥ずかしかったです。
ふるはし動物病院ロゴ入りTシャツご希望の方は当院に連絡ください(^:^)




2008-11-05

2回目のウルトラマラソン完走


9月14日京都丹後ウルトラマラソンに参加しました。気温27度、湿度75%と残暑厳しい時期に2回目の完走を目指し走りました。去年よりは余裕があり、体の痛みも少なかったけど無風と強い日差しは、きつかったです。
13時間16分かかりましたがすごく楽しかったです。(きっと誰もこの楽しさはわからないと思います)
自分へのご褒美は素敵なものを頂きました
(^:^)


2008-08-18

暑さ大好き!!


猛暑にめげず頑張ってます。7月19~20日は富士山麓24時間リレーマラソンを獣医さんのランニングクラブである「ちむけん」で走り、26位でした。8月9~10日は神戸24時間マラソンで2キロ周回コースを60周120キロ走破、14位でした。さすがに24時間寝ずに走るのはきつかったけど終わってみればいい思い出です。周りの人からは院長はどこへ行ってしまうのか?不安ありです。

2008-07-17

暑いです


梅雨だというのにこの暑さ。まだまだ夏が続き、先が思いやられます。先日2Lの水を背負って郡上八幡から白鳥まで長良川沿いに往復45k走りました。鮎釣りの人を見ながら暑い中走っていると水音と清涼な香りがして、道路端から15mぐらい奥になんと3mぐらいの小さな滝が2本ありました。冷たい水に足を冷やして気分爽快、自分だけの癒しのスポットを見つけました。

<< Back 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  Next >> 



COPYRIGHT(C)2012 FURUHASHI ANIMAL HOSPITAL