一宮市の動物病院 ふるはし動物病院 | 院長の独り言

院長の独り言

2011-07-23

おんたけウルトラトレイル100k


7月16日~17日に御嶽山にトレイルレースに参加してきました。100キロの山道を走る超ハードなレースです。午前0時王滝村をスタートしてひたすら山道を登り、がれ道で足の裏を痛め足首の捻挫に耐えながらひたすら走ります。強い日差しは体力を消耗し気力も萎えますがひたすらゴールを目指しました。16時間57分無事ゴール、達成感より安堵感でした。
とにかく疲れました~
体の修復に時間がかかりそうです。

2011-07-14

北丹沢12時間山岳耐久レース


7月3日に神奈川県丹沢に44キロのトレイルレースに参加してきました。日本のトレイルレースの中では人気大会ですが勾配のきつい山を登りジェットコースターのように下る足腰にはタフなレースです。気温が33度、湿度が80%以上で蒸し暑く山の中はサウナ状態で体力はかなり消耗します。
しかし、頂上での景色は格別でその時だけは疲れが消えます。写真は一緒に参加したさくら動物病院の院長の平林先生と仲良くゴールした時で何とも言えない笑顔がいいです。
しかし9時間走り続けて翌日からは筋肉痛で体がロボット状態でした!


2011-06-27

乗鞍


先日の日曜日に乗鞍スカイラインを頂上まで走るレースに参加しました。登りは18キロ、下り12キロで頂上付近は雪の壁です。しかし天候が悪く霧で視界は不良でした。2700m付近は息苦しくとても走れませんでしたが3時間13分で何とかゴールしました。景色が良ければ最高ですが
私は雨男ですので雨が降らなくて幸いしました。

2011-05-07

萩往還140キロ完走


5月3~4日に山口県の萩往還マラニックという大会に参加しました。この大会は4年前にも参加しましたが瑠璃光寺をスタートして瀬戸内の防府に行きそのまま北上して日本海の萩城まで走り、さらに瑠璃光寺に戻る距離140キロで24時間で走破します。夕方6時にスタートして翌日の3時半にはゴールできました。21時間26分で完走しましたが不眠不休で走ったため体はあちこち痛くて大変でしたが自分の限界への挑戦でした。無事ゴールできて感激でした。

2011-04-06

義援金ありがとうございます


トピックスにも書いてありますが、ペットオーナー様からたくさんの義援金をいただき、被災したペットとその飼い主様のためにJAHA(日本動物病院協会)を通じて寄付させていただきました。TVにも出ていましたが、ペット達も被災地で必死に生きており飼い主と離れて再会したシーンや何日も海の上で漂流し救助されたりで我々も何か手助けができればと日々考えています。

2011-04-04

懐かしの下宿


息子が私が卒業した大学に進学するため神奈川に一緒に行きました。なんと私が30年前に下宿したアパートがそのままの姿で残っていました。現在は学生を受け入れていなく誰もいませんでしたが、当時のままでした。30年前にタイムスリップしたみたいで20歳の自分を思い出しました。
周りの景色は変わりましたが若き自分がここで生活し大学1年生を楽しんでいたことが昨日のことのようです。

2011-04-04

退社


3月31日に山田獣医師と小堀獣医師が退社しました。山田獣医師は17年の長きに当院で診療しましたが、健康上の問題で退社することになりました。小堀獣医師は三重の動物病院で勤務することになます。特に山田獣医師は旧病院から一緒に仕事をして大変感謝しております。患者様にはご迷惑をおかけしますが宜しくお願いします。


2011-02-14

また結婚式


1月29日に当院勤務獣医師の日高先生に結婚式に参列してきました。奥様も獣医師で多くの旧友達に祝福され幸せそうでした。
1月にスタッフが2組結婚式がありそのたびにスピーチをお願いされますが同じことをしゃべっている気がしてワンパターンです。今度スタッフが結婚するときは何か新しいことをスピーチしなければいけません。

2011-01-13

結婚式


1月10日に当院スタッフの馬渕看護士と以前当院に勤務していた山田獣医師の結婚式に参列してきました。職場で出会い、結婚、開業へと大きな夢に向かう二人に頑張れとエールを送っておきました。次は誰が結婚するのか楽しみです!

2011-01-04

初春マラソン


恒例の野間大坊へのマラソン初詣に4人の獣医さんと出かけました。去年と違って天候も良く新舞子から23キロ走って野間大坊で1年の家内安全を願ってきました。今年は専門分野である整形外科の技術を磨き免疫、血液学の勉強を頑張りたいと思います。とにかく健康で1年過ごすことが一番の願いです。



<< Back 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  Next >> 



COPYRIGHT(C)2012 FURUHASHI ANIMAL HOSPITAL